運動器 系  関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頸肩こり・五十肩・腱鞘炎 ・腰痛・外傷の後遺症(打撲、むちうち、捻挫)・ 各種スポーツ障害等 急性の怪我 ぎっくり腰 寝違え

神 経 系  神経痛・神経麻痺・筋肉痛・痙攣・脳卒中後遺症・自律神 経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症等

 呼吸器 系 気管支炎・喘息・風邪および予防等

消化器 系 胃腸病(胃炎、消化不良、胃酸過多、下痢、便秘)・・肝機能障害等

内分秘代謝系 

泌尿器 系

婦人科 系 更年期障害・生理痛・月経不順・冷え性・ のぼせ・不妊症等

耳鼻咽喉科系 ・耳鳴・難聴・鼻炎・蓄膿 症・

咽喉頭炎・扁桃炎・声枯れ等

眼 科 系 眼精疲労・仮性近視・疲れ目・かすみ目・等

小児科 系 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、

 

鍼灸治療の基本的な仕組み

  • 鍼や灸を用いてツボを刺激
  • 皮膚や筋肉などの組織に微小の傷をつける
  • 傷を修復するため細胞が活性化
  • 自然治癒力・免疫力を高める! 
  •  

なぜ鍼灸が効くのか

 鍼灸治療は身体の反応を利用したものです。
 鍼や灸で身体を刺激することで、中枢神経の中に内因性オピオイドが放出され(モルヒネに似たもの)、痛みを脳に伝える道をブロックします。
 また、筋肉の緊張をゆるめ、施術箇所周辺の毛細血管を拡張し、新陳代謝を高める効果もあります。                                             その結果、たまっていた疲労物質が流されて、筋肉の疲労が回復します。
 鍼灸で体の表面を刺激すると、内臓にも影響をあたえ、その機能を改善させる効果もあります。自律神経系のバランスを整えるはたらきもあります。
 鍼灸で症状を治すのではなく回復能力を高め人間が本来持っている自然治癒力を引き出し、免疫力を高めて病状を改善する治療法です。

①血行が良くなる

②自律神経のバランスが整う

③東洋医学の神秘

それぞれについて説明していきましょう。

 

血行が良くなる

人体にとって鍼は異物です。その異物が皮膚を貫いて体内に侵入してきます。

(※はりは滅菌済みのものを使いますし、はりをさす前にアルコール消毒をするのでご安心ください。)

人の身体はすごくよくできているので、皮膚に傷がついて異物が侵入してきたことを察知すると、その傷をふさいで修復し、異物と戦おうとします。その結果、免疫力抜群、栄養もたっぷり含まれた血が患部に集まってきます。

これが、「血行が良くなる」ことの簡単な仕組みです。

血行が良くなるとなぜいいか?

→集まってきた免疫力抜群、栄養がたっぷり含まれた血が、その場所の筋肉・お肌の状態を改善してくれるからです。

はりをさし、血液が集まってきたころには異物(はり)は取り除かれていますし、はりがささった傷はごく小さなものなので、すぐにふさがります。

結果、集まってきた免疫力抜群、栄養がたっぷり含まれた血はどうするかというと、その場所にあった不調を治すために働いてくれるのです。

 

自律神経のバランスが整う

皮膚には、さまざまなセンサーが無数にあります。そのセンサーを刺激することにより、自律神経に反応が起こるのです。

「自律神経失調症」という病名をきいたことのあるかともいるかもしれませんが、そのような診断をされていなくても、現代人の皆さんは多少なり自律神経の失調を抱えています。

それは、みなさん何かしらのストレスにさらされているからです。

自律神経が乱れるとどうなってしまうかというと、

・頭痛

・首こり、肩こり

・不眠症

・立ちくらみ

・冷え

・ほてり

・大量発汗

・疲れ目

・眼精疲労

・まぶたの痙攣

などなど、さまざまな症状として現れます。また、40代後半から50代ぐらいの女性の方ですと、「更年期」という言葉も気になるのではないでしょうか?

「更年期障害」といわれる症状も、多くはこの自律神経の乱れが大きな要因なんです。

もちろんはりだけですべてを解決できるわけではありませんが、はり施術を行うことによって、自律神経の反応を促し、バランスを整えることも可能です。

 

東洋医学の神秘

私たちの身体には361箇所のツボが存在すると言われています。

東洋医学の専門用語では「経穴」と呼ばれており、刺激すると症状を緩和し、弱った機能を回復させます。

その範囲で刺激をすれば、ある程度の効果が見込まれますが、人によって最も有効なポイントは異なります。

デメリットってあるの??

痛い

「痛くないです」と言いたいところではありますが、皮膚にはりをさすので、正直言って多少の痛みはあります。

しかし、みなさん痛いのは嫌いだと思います。

なので、当院では2つの対策をご用意しております。

1.細いはりと痛くないようにするさし方

2.ささないはり

 

細いはりと痛くないようにするさし方

当院で使用するはりは、髪の毛より少し太い細いはりを使うことによって刺激を極力少なくし、痛みが出にくいようにしています。7種類の太さの鍼を患者さまひとり一人にあったものをチョイスします。

しかし、それでもどうしても痛みを感じさせてしまうこともありますので、痛みがありましたら遠慮なくおっしゃってください。

ささないはり

当院では「鍉鍼(ていしん)」という「刺さないはり」もご用意しております。

通常行う「さすはり」では皮膚内・筋肉内への刺激があるのに比べ、「ささないはり」では皮膚表面からの刺激になるため効果の出方には違いがありますが、「どうしてもはりをさすのは怖い」という方や、内出血を絶対に避けたいという方にはオススメです。

また、チタン製のアレルギー反応が出にくい鍉鍼もご用意がありますので、金属アレルギーをお持ちの方でもできる可能性があります。

(100%アレルギー反応が出ないというわけではありません。)

 

金額

鍼灸治療のみ 3850円~

保険治療や手技治療との併用 1650円~

ルート治療 5500円~

初診料550円

※本数は症状により異なります。

 

鍼灸治療は、腰痛、肩こり、頭痛、神経痛(坐骨神経痛、三叉神経痛)慢性疾患、生理痛などの痛みに効果的です。          ストレス社会の中、家事や仕事、長時間のPC作業やスマホなどによる眼精疲労、肩こりや足の疲れ、こむら返りなどにも効果を望め、 さらに、身体にある361のツボの経穴から鍼灸治療を施すことで、便秘、下痢、慢性胃炎、食欲不振、気管支炎、にも効果が期待できます。

自律神経失調症、めまい、イライラ、不眠症などにも効果があり、鍼灸治療を続けることで身体体温を上げ免疫力をUPし風邪を引きにくくする身体を作り上げこともできます。

そのほかにも、近代医学では原因が分からないとされる症状(不定愁訴)など、さまざまな症状にも自然治癒力を高めることに効果が得られます。